E-300と行く秩父札所巡り 第4回 秩父駅→17番→19番→20番→21番→33番

 2005/05/05に、秩父駅から17番定林寺→19番龍石寺→20番岩之上堂→21番観音堂→33番菊水寺を歩いてきました。当日は、晴天でした。

画像

秩父駅。click!


 この日もやはり羊山公園の芝桜客で、西武秩父線は大混雑でした。では、最初は17番 定林寺に向かいます。


秩父駅前の道標。


画像

右上の道標の裏側の道しるべ石。click!



定林寺に到着です。
写真の車の人たちとは、この先19番、20番と会うことになりました。


画像

車椅子の方は般若心経を暗記しておられ、一心に読経されていました。


画像

画像

定林寺。click!


画像

画像

銅鐘。click!



捨ててしまうにはもったいないということでしょうか。


画像

道しるべ石。click!



19番 龍石寺到着。


画像

龍石寺の入口にある道しるべ石。click!


画像

画像

龍石寺。click!



トイレ。


 次は20番 岩之上堂です。龍石寺を出てすぐに右折し、道標に従って進みます。




秩父橋の隣の小さな橋を渡ります。


画像


この橋からの眺め。
左の写真の中心に見えるハープ橋は秩父公園橋(手前が秩父橋)。


 橋を渡り、国道299号を横断すると、東屋があり石碑があります。

画像

click!


 ここから山側に歩いていきます。

画像

画像

画像

画像

岩之上堂到着。click!


 この札所は、たくさんの樹木に囲まれ、気持ちのいい所です。納経所ではタケノコ3本セットで500円で売っていました。


トイレ。


 次は21番観音寺です。

 民家が出てきた辺りで、車の下で猫がご休憩中。



 上の猫に気を取られていると、どこからか「ニャーニャー」と別の猫の声が。


画像

画像

2匹目のネコ。click!


 ネコにさよならして、もう少しで観音寺です。

画像

画像

道しるべ石が続きます。click!


画像

画像

画像

画像

観音寺に到着。click!


 観音寺のトイレを撮り忘れましたが、入口の車道に面したところにあります。

 観音寺を出て、ここから33番菊水寺に向かいます。秩父札所の31~34番は最寄り駅からが遠く、歩きごたえがある(?)ところです。
 菊水寺は、観音寺から車道沿いに進むとカントリークラブなどを大回りしなければならない(10km弱)ため、八人峠経由の山越えをしてショートカットすることにしました。
 観覧寺の納経所の方に聞いたところでは、「八人峠は最近歩く人が少ない(というかそもそも歩いて札所を巡る人が少ないのですけど)ので、道が荒れている。」とのことでした。でも「最近は旧道歩きを推奨しているので行ってみてください。」とのことでした。
 ということで、まずは1.5車線くらいの車道を歩き、国道299号ぞいの坊平というところを目指します。


ここから山道(車道)。


 緩い登りの車道を進んでいくと、右手に池があり、釣り(?)をしている人がいました。何を釣っているのかと話しながらしばらくすると、ホソバテンナンショウが群生していました。この車道沿いはいたるところにテンナンショウがありました。

画像

ホソバテンナンショウの群生。click!


画像

タンポポにしがみついている小さな虫。click!



国道299号に出てきました。


 国道299号に出て、左に250m位行くと右に山道が出てくるはずなのですが、どうもそれらしき道が出てきません。ちょうど外で作業中の民家の人(おじさん)がいたので、道を聞いてみることに。

 軽い気持ちで道を聞いたのですが、このおじさんは地図の見方がいまいちわからないらしく、家の中にいる奥さん(?)まで呼び出し、なんか大騒ぎになっちゃいました。結局、この家の斜め前にトラックの駐車場みたいなところがあり、その奥を左に入っていくということがわかりました(^^;)


坊平からまずは最初の山越え。


 最初の山越えをもう少しで終えるというところで、何か臭ってきました。牛舎でもあるのかと思ったら、養豚場でした。
 車道を左に150m位行くと



八人峠の入口。


 上の道を進んでいくと、さりげなく八人峠の看板が。


おもいっきり山道ですね。


画像

登ってきた道を振り返る。click!


 八人峠は観音寺の人が言ってたとおり、並の登山道よりさびれていました。蜘蛛の巣が道の上に当たり前のようにかかっており、先頭の人は常に木の枝を前に振り回して歩いていないと、すぐ蜘蛛の巣まみれになるようなところです。

 峠を登り詰め、下りになると右手にカントリークラブの一部が見えてきます。この辺りで珍しい(?)植物というか葉が…。

画像

葉の真ん中に花(?)。click!


 ここからさらに山道は荒れ、倒木で道がふさがれるわ、ちょっとしたガケみたいなところはあるわで結構大変です。



倒木にふさがれた道。
登山なら良くあることですが、札所巡礼でこういう道になるとは思いませんでした。
やはり山は山だった…


 特にガケみたいな所に来たときには、一瞬道を間違えたかと思いました。でも道らしきものがその先も続いているようですし、方向もあっているので、このまま進むことにしました。
 ガケにはアンカーが打ってありここにワイヤーが固定され、それにつかまって降りられるようにしていたみたいなのですが、ワイヤーは錆びてボロボロですし、細いワイヤーを何本も束ねたワイヤーなので、ところどころ錆びておれたワイヤーが毛羽だっていて、とても掴む気になれません。
 掴んで降りたら、錆びたワイヤーが折れてバランスを失うか、毛羽だったワイヤーで手を怪我するかと言う感じです。
 結局、ワイヤーのお世話にはならず、慎重に進みました。

 この先は竹林となり踏み跡もあまりはっきりしません。なんだかんだで降りてくると、お墓に出ます。そこを右に畑のあぜ道みたいなところを進むと、車道にでてきます。ここまでくれば菊水寺はもうすぐです。

 これは自分の私見ですが、八人峠越えはある程度山慣れた人でなければあまりお勧めできません。標高こそ低いですが、道は荒れ所々作業道らしき道もあり、地図が読めて方向がわからないと道迷いの可能性があります。

 車道に出て、500m位で菊水寺到着です。

画像

画像

画像

菊水寺。click!


画像

八重桜が満開でした。click!


画像

八重桜のアーケード。click!



トイレ。


 まえから思っていたことですが、札所のトイレは郊外の方が立派なトイレになっています。町中にある札所は近くにコンビニなどトイレはいくらでもあるので特にトイレの整備はしていないのでしょうか。まあどこのトイレも登山道にあるトイレよりはマシですが(^^;)

 では、本日の巡礼を終え、帰途につきます。本巡礼は原則最寄り駅から歩くことをモットーにしているのですが、帰りは国道299号まで2kmくらい歩いてバスに乗ることにしました。バス時刻は全然調べてなかったのですが、バスがこなけりゃ歩けばいいやという軽いノリです。

 菊水寺から1km弱のところに大きめの橋 奈倉橋があります。

画像

画像

奈倉橋。click!


画像

奈倉橋から赤平川を見下ろす。click!


 国道299号に出ると、すぐにバス停がありました。どうせすぐにバスはこないと思いつつ、ダメ元で時刻表をみるとなんと6分後に西武秩父行きのバスが来るではないですか!!。当然のようにバス待ちに入り、2分遅れでバスがきました。
 バスは国道299沿いを走り、あっという間に坊平。道を尋ねた民家を通り過ぎ、20番札所近くの秩父橋を通り過ぎていきます。あたりまえですが、バスは速いですねぇ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック