空と雲

 檜枝岐シリーズです。


 今回は、「空と雲」。

 二日目の朝、夜明け前に深縹さん、ケースケさんと三人で檜枝岐村を見渡せる小高い丘(山?)に登りました。
ご来光は方向と時間?が合わず、見られませんでしたが徐々に明るくなる空を見てきました。

画像
木の向こうから陽が昇ってきているようです。


画像画像
同じような景色をカラーとモノクロで。同じ景色でも雰囲気がずいぶん違います。


画像
日中にかかっていた光彩。肉眼ではほとんどわかりません。


画像
空が高い。


画像
ちょっとメルヘンチックに。


画像
雲の合間から天使のはしご。


画像
那須塩原駅にて。不穏な空。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年10月25日 10:35
空気の澄んだ場所で、明けていく空というのは、なにか格別な思いがわきます。旅先では、早く目が覚めてしまうことが多いので、撮ることも多いですが、なかなか見た感動を写真にはできない私です(^^;)
TRIP
2012年10月27日 00:25
ちょこままさん
私もなにかイベントがないと、なかなか早起きできません。
この日は前日から朝陽を撮りに行こうと深縹さん、ケースケさんと打ち合わせていました。
機材フル装備で軽登山でフラフラになったのに、目的の朝陽は撮れなかったというオチ付きです(笑)

この記事へのトラックバック