また清里 その1

 6月に行った清里。性懲りもなくまた行ってきました。

 理由は二つあるんですけど、しょーもない理由なのでナイショにしておきます(汗)


画像
紅葉~!!


画像
萌木の村のHALL OF HALL'Sにて。


画像
レコード型のオルゴール。


画像
窓から流れ込む光


画像
平日だったせいか、静かでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2012年11月18日 07:27
TRIPさん、お早う御座います。

清里に行かれたんですか?
アンティーク・オルゴールの美しさが出ていますね。
色と雰囲気がいかにもアンティークですね。

「窓から流れ込む光」、これも素敵な造形美を感じます。

TRIP
2012年11月18日 13:21
ポンタロウさん
私はもともとアンティーク・オルゴールというかオートマタが好きなので、こういうところはよく行きます。河口湖や修善寺なども過去にオルゴールを見るために行ってきました。

流れ込む光の写真、福島以来、最近の自分の表現手法のひとつテーマとして、「見えないモノを撮る」、という仰々しいものがあります。
光も何かに反射していないとみえないし、吹いている風も見えないですよね。
でも、見えないものも見えるものを使って間接的に見ることはできる。
普段私たちは無意識にそうやって色々なものを見ている。
でも写真には写らない。
そこをなんとか出来ないかな?と。

「見えないけど見えるもの」

そのうち、このネタで写真集でも作ってみたいです。

2012年11月22日 21:54
理由が気になりますが・・(笑)
いいですね~、室内フォト。いい雰囲気醸し出してます。
特にラストの1枚、人がいないのに、立ち去ったピアニストが画面のすぐ外にいるような・・。素晴らしいです。
TRIP
2012年11月25日 00:11
ちょこままさん
理由ですか?ホントに大した理由じゃないんですよ。
清里のあるピアニストのミニコンサートに行きたかった(残念ながら撮影禁止)のが理由の一つです。

この記事へのトラックバック